読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shimom_bozeのブログ

自由人の自由で無責任な発言

やる気のスイッチを入れる.

BOZEです。

f:id:shimom_boze:20160918160508j:plain

 

人には、やる気のスイッチがあると思うんです。

でも、それが、どこにあって、

いつ入るか、誰にも分からないところが面白いです。

 

有名なアスリートも最初は普通だったはずです。

それが、何らかのきっかけでやる気のスイッチが入って

有名なプレーヤになったり、伝説を残したりしてますよね。

 

スイッチを入れる

 

全然勉強しない子供が突然、勉強したり

仕事をいつも適当にする後輩が突然「燃えて仕事を」始めたり

やっぱり「やる気のスイッチ」があるんですね。

 

このスイッチは自分でも他人からも見えない。

 

だから誰かのチカラでスイッチを入れることはできないし、

自分でスイッチを入れようと思っても難しい。

 

しかし、成功する人は、必ずスイッチがオンの状態になっている。

これは間違いない。

 

どんな事でも行動的で明るく、そして前向きだ。

 

どんな人間でも「このスイッチが入った」状態になれば

成功するらしい。

 

では、このスイッチの正体は何だろう?

 

 

どんな暗闇でも

 

私たちは何か問題があったときは悩み、苦しみ、

そして目の前が真っ暗だと思い込んでしまう。

 

しかし「やる気のスイッチ」が入ると、

暗闇が、電気をつけたように目の前が明るくなる。

「スイッチ」とはそんな不思議だけれど、

「あなたを本気にさせる魔法のスイッチ」なのだ。

 

では、どのようにすれば、この「スイッチ」が入るのか?

品川学園の漆 紫穂子先生はこのように書かれています。

 

1.できないと思っていたことが出来た時

勉強が苦手な子供が何らかの形で褒められて、

「自分は勉強ができないと思っていたけれど、実はできるんだ!」

と感じたときスイッチが入る。

 

2.これはみんなのためになると思えた時

確かの面倒なことだけど、

「自分が頑張ることでみんなに喜んでもらえる」

と感じたときスイッチが入る。

 

3.自分のやりたいこと、目標ができた時

今までは適当に毎日を過ごしていたけれど、

目標が見つかったときに、俄然やる気になります。

スイッチが入ってます。

 

他にもいろいろあります。

悔しい思いをしたときとか、人それぞれの感性によると

思うんです。

 

でも確かなことは、あなたのスイッチがオンになれば、

目の前が明るくなるという事です。

 

ついでに言わしてもらうと、スイッチをオンの状態の

ままにし続ける努力も必要です。

 

すぐにオフになってしまう場合もあるんです。

 

最後まで読んでくださり

感謝しております。

「ありがとうございました。」

BOZEでした。