読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shimom_bozeのブログ

自由人の自由で無責任な発言

誰もが、求められて生まれてくる。

BOZEです。

 

f:id:shimom_boze:20161001214454j:plain

 

少し宗教的な話と思われる方も見えると

おもいますが、

私が普段思っていることです。

 

これは、あなたの物語です。

 

人は、誰もが、この世に求められて生まれてくるのです。

要らない子供は、一人もいないのです。

 

あなたが求められている時

 

僕たちは、知らず知らずに求められているんだ。

もちろん両親が望んで生まれてきた私たちだし、

恋人や家族も何かを私に期待をしている。

 

でも僕がいう「求めれれている」とうのは、

少し違うんだ。

この世に生まれたのは「何か大切なこと」をするため

天はあるひとりを生じた以上、おのずからその人に

固有の用というものがある。

 

キミがもし成功する人になりたいのであれば

天から選ばれたことをしらなければならない。

天はキミに「何か大切なこと」を求めている。

 

その何かはすぐには分からないけれど期待するんだ。

 

「僕はなにかでっかいことを求められている」と

そうすると「自分の命の大切さ」も感じることができるし

多くの心配から解放される。

 

もしキミに「天から求められた用」を感じることができたなら

命は天に預けるべきさ。

 

僕を必要としないのであればきっと命は尽きるだろうし、

生きているのであれば「必ず何か求められている」のさ。

 

天の求めに応える

 

 

僕らが成功する人として生きていくには

お金や名誉なんて役に立たない。

 

もっと大切のしたいのは「ロマン」なのだよ。

 

人間は「ロマンを失った」時にマンネリな人生が待っていて

天から求められていることを感じられなくなる。

 

だから、キミが「成功する人」になりたいのであれば

常にロマンを忘れてはならない。

 

ロマンはキミの想像を助け、素晴らしい未来をイメージすることができる。

ロマンは天からのメッセージを正確にとらえ、キミを成功へと導いてくれる。

ロマンは人生を素敵な物語に変え、

ロマンある物語は常にハッピーエンドにしてくれる。

 

天は僕らに「ロマンある素敵な人生を用意」してくれた。

 

もし生まれ変わりがあるとしても、

今の肉体と名前を使えるのはこの人生だけ。

 

それならば「天から求められた用に応え、

ロマンある人生を送ろう」ではありませんか。

 

そう僕は思う。

 

最後まで読んでくださり

感謝しております。

「ありがとうございました。」

BOZEでした。