読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shimom_bozeのブログ

自由人の自由で無責任な発言

追い風は常に吹いている

f:id:shimom_boze:20161030220255j:plain

BOZEです。

 

 

人生順調な時は、追い風が吹いていると感じるものです。

また、うまく行かなくなった時は、逆風と思います。

果たしてそんなに単純なものでしょうか?

 

これはあなた自身のストーリー

 

逆風を活かす。

 

学校生活や仕事などで

上手く行かないな?と思うことは

多くありますよね。

「できるなら逆風ではなく、追い風で進みたい。」

誰もが思うことです。

 

しかし、成功者はこう言いました。

「順風に頼るな。追い風はお前を成長させることはない。」

 

私は、疑問に感じました。

「そんなの順風がいいに決まっているじゃないか!」

「成功したからそんなことが言えるんじゃないの。」

 

そうしたら、質問が返ってきました。

「お前の人生で一体何割追い風、何割を逆風が望みなんだ?」

 

わたしは考えた。

「半分、半分かな・・・」

そして現状を考えます。

 

仕事はと言えば、うまく行ってません。

いつも叱られている毎日です。

「こんなのが人生の半分なんてまっぴらだ。」

そう思ったわたしは、

「追い風100%」と答えました。

 

逆風はあなたを浮上させる

 

「お前は追い風は望むのだね。」

と成功者は言いました。

「はい。私は追い風なら自分の力を100%出せると思います。」

と答えました。

すると成功者は目を細めてこう言いました。

「追い風はな。お前が気が付かないところで常に吹いているんだよ。」

「追い風は吹いている?」

「そうさ、お前は黙っていても1日たてば、1日年を取るだろう。」

「これは、お前を前に進める為に吹いている風なのさ。」

成功者は、更にこう言いました。

「この時間の追い風に向かってくるのが困難の逆風だ。

お前はこれに苦しんでいるのだろう。」

「はい。今一番つらいです。」

「そうか。そのつらさは前に進む者が感じる成長の証だ。

なぜなら風の流れから逃げてしまっては、辛ささえ感じる事は出来ない。」

「飛行機やスキーのジャンプ競技を考えてみるといい。」

「彼らは追い風で浮力を得ているのではない。

常に逆風からの力によって自らを上に押し上げているんだ。」

「わしが風を選ぶとするならすべて逆風にする。

なぜなら、時間という風の流れは常にあるからだよ。」

「今、お前が苦しいのはわかる、

しかしそれはお前を次のステージへ上げるための

逆風だということを忘れてはいけないよ。」

 

 

どうですか。

辛い時が、実はあなたを成長させてくれる

唯一の時なのです。

上手く行っている時は、あまり学ぶことがありません。

苦しい時、失敗した時、恥をかいた時に

人は、成長できると思います。

 

成功の考え方だと思います。

 

最後まで読んでくださり

感謝しております。

「ありがとうございました。」

BOZEでした。